女性

悪玉コレステロールを撃退|病気へのリスクをグングン下げ隊

血液検査でチェックを

コレステロールの高い食事を摂ることで悪玉コレステロールが増えすぎ、善玉コレステロールとのバランスが崩れてしまいます。中性脂肪も基準値を超えますと悪玉の手助けをし動脈硬化の原因となりますので、血液検査でチェックしたりサプリメントで予防しましょう。

どの商品がいいか

悪玉コレステロールを取り除きたい方などにオススメできる商品はいくつかあるのでぜひ買われておくと良いでしょう。また食べやすい品でも愛ありますし安い商品でもあるのでぜひ手にとられて置いて家に取り置き等を置いて置かれると良いでしょう。

恐ろしい病気の原因

悪玉コレステロールは恐ろしい病気の原因になる物質です。これを体内に溜め込まないようにするには運動が効果的です。また食生活を変えることで悪玉コレステロールを減らすことも出来ます。青魚には悪玉コレステロールを減らす成分が含まれている為、摂取する人が増えています。

危険性と対策

悪玉コレステロールはきちんと減らして健康になりたいものです。血中濃度をバランスよく保つための食事もあります。

沈黙の殺人者

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高くなると、動脈硬化症のリスクが高まります。動脈硬化症は「沈黙の殺人者」とも呼ばれる恐ろしい病気です。その名の通り、自覚症状がほとんど無いのが最大の特徴にして、一番恐ろしい点です。動脈硬化症になると、血管が狭くなり詰まることで、様々な病気を引き起こします。例えば、心臓に負担がかかることで、や心不全や心肥大を引き起こします。臓器や組織に負担がかかることで、心筋梗塞や脳梗塞に繋がります。血管が破れた場合、くも膜下出血を引き起こすケースも考えられます。どれもが、命に関わる恐ろしい病気です。それにも関わらず、重症化するまで、自力で病気に気付くことすらできないのです。検診での悪玉コレステロールの値が、唯一の手がかりと言っても過言ではありません。

異常値と言われたら

悪玉コレステロールの異常値が検出されたら、それまでの生活習慣を見直す必要があります。まずは、食生活の見直しです。動物性脂肪が多く含まれる肉類やバターは控え、血液をサラサラにする効果のある、イワシやサバなどの青魚を代わりに食べるようにします。食物繊維は血中コレステロールを下げる働きがあるので、野菜もしっかりと取るようにします。適度な運動も必要になってきます。運動には、善玉コレステロールを増加させる他、運動で鍛えられた筋肉は血流を良くする働きがあります。動脈硬化を進行させるので、煙草も控えます。ここまでが、自分でできる対策です。なにより大切なことは、検診で悪玉コレステロールの異常値が検出されたら、きちんと病院に行くことです。